あえて自宅で伸ばす!スクールに通わせない幼児教育とは?

幼児教育を自宅で行うメリット

幼児教育とは

自宅でできる幼児教育のメリットでもあるのが、お金と時間にとらわれない事です。 教室を通ってしまうと、毎月の料金や、教室に通う時間が面倒になってしまうデメリットもありえます。 しかし、自宅で幼児教育を行う場合、手作りする事や、空いた時間を活用して幼児教育を行う事ができます。

自宅でできる幼児教育のメリット

幼児教育は世界共通で増えています。
教育方法は様々ありますが、親御さんが子供の将来の事を考え、行っているのがわかります。
幼児教育は自宅で行う事や、教室に通うなどがあります。
自宅で幼児教育を行う際には、ご自身達で教材や本を買ったり、図書館で借りたりしています。
また、手を使って色んなものに触れる、作る事で、創作能力、想像力などを養う事ができます。
本の読み聞かせでは、幼稚園や保育園でも行っており、0歳児から読み書きかせる事で、聞く力、聞く姿勢なども身につける事ができます。
受け答えができる2歳からは、質問や数の練習を交えて、本の読み聞かせをする事もできるため、知育やコミュニケーション力も役に立つと言います。
また、毎月届く通信教材を使って、自宅で幼児教育も増えています。
通信教材は、お子さんの年齢に合わせて、絵本や創作する教材などが送られてきます。
幼児教室に通って行う幼児教育は、教室によって多様にあります。
教室選びに、口コミや体験などを行い決める方が多いと言います。
幼児教室では、室内で行う学習で、知育などを養うものもあれば、体を動かして、サッカーや水泳などの運動能力を養う教室もあります。
教室の月額料金の相場では、5000円から20000円近い教室もあります。
また、教材費や入会費がかかる教室もあります。
方法が違えど、子供の学力や能力の成長を見守りたい親御さんが、就学前の子供のために行う教育方法です。

幼児教室選びより身近なものを使って

幼児教室では、色んな教室があるため教室選びが困難になります。また、お子さんに合わなかったなどのデメリットがあったりします。 しかし、自宅の場合は、お子様と一緒に本を選んだり、身近なものではペットボトルやトイレットペーパーの芯などを使って色んな事を学ぶ事ができます。

自宅でお子さんのペースに合わせて

幼児教室ですと、教室が合わなかった、友達や先生と合わなかった、どうしても他のお子さんと比べてしまったり、自分らしさを出せないというような事があります。負担に思ってしまい、学ぶ楽しみがなくなってしまう可能性もあります。 しかし、自宅で幼児教育を行う場合、お子さんの性格やペースに合わせて学ぶ事ができます。

TOPへ戻る