幼児教育を自宅で行うメリット

幼児教室選びより身近なものを使って

海外の幼児教育とは

海外では、モンテッソーリ式教育や、ドーマンメソッドという幼児教育が人気になっています。
モンテッソーリー式教育は、イタリアが発とされており、イタリアの女性医師が考案した教育方法となっています。
子供の五感を刺激して、自らすすんで行動する姿勢がとられています。
最近では日本でも人気で、実践されている教室が増えていると言います。
ドーマンメソッドという教育は、アメリカ発になっており、理解力、判断力、数字的能力が高いことから、世界中の親御さんが支持している教育方法となっています。
もともとは、脳に障害のある子供のために研究されていた結果、脳の障害の回復が成果であげられ、研究を元に脳の障害があってもなくても、伸びる可能性があることに気が付いたといいます。

日本の幼児教育とは

日本の幼児教育では、親御さんが子供に対して何かを学ばせたい気持ちから始めている事が多いのではないでしょうか。
就学前の子供にコミュニケーション力を身につけたい、生活習慣を養ってほしい、能力を引き出したなどがあるかと思います。
幼児教室だけでなく、日本の就学以外で学べる教室は、英語などを学ぶための知育教室や、サッカーや水泳などの運動教室、音楽や物を作ったりする図工系、美術系の教室などが多様にあるのが日本の特徴になります。
就学前の子供をいくつもの教室に通わせるご家庭は少ないかと思います。
そのため、能力が偏ってしまうデメリットがあります。
しかし、日本の幼児教育では、子供の能力を引き出す、学んでもらう、しつけという形が主流になっている気がします。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
TOPへ戻る